去年の夏の思い出

去年の夏の思い出の事です。

普段は人混みが物凄く嫌いであまりお祭りや花火大会などには行かないのですが、その年は友人に強く誘われたので仕方なく花火大会に行きました。予想通りの人混みで私はあまり嬉しくはなかったのですが、久しぶりの友人との再会もあったのでソレハそれで楽しかったですし、花火が結構綺麗だったので思ったよりも楽しめました。

花火大会も終わり会場にいた人が一斉に帰宅をし始めたので、人がごった返していました。私達もその中に紛れかけ始めた時の事でした。

一組の老夫婦が何かを探していたのです。私はそれに目が止まり友人に待つように言いました。私はその老夫婦に近付いていって、どうかしましたか?と尋ねてみるとお婆さんがお財布を落としてしまったみたいで探していたみたいでした。さすがにこれだけの人と暗がりの中では見つからないだろうと私も思ったのですが、あまりにもその老夫婦が可哀想になり一緒に探してあげる事にしました。

友人にも促し四人で一時間ぐらい探しましたが結局見つかりませんでした。老夫婦達は電車で来たみたいで帰れないようだったので、私はその老夫婦にそっと帰りの電車賃を渡しました。老夫婦達は遠慮して最初は受け取りませんでしたが、私が困ったときはお互い様ですから!と言って手渡しました。駅までその老夫婦を車で送って行き駅で別れました。その老夫婦は何度も何度も頭を下げてお礼を言ってくれました。私の去年の夏の思い出でした。