海で始まり海で終わる夏

夏はやっぱり、海でしょう。夏は暑いけど、海ですね、ちと昔になるけど、1番の夏のイメージとインパクトの強さでは、TVドラマのビーチボーイズですね、これを見て「夏の思い出」作りは、海で始まり海で終わる夏にしました、さいこうです。

夏の海、俺の海(夏の思い出)は神奈川の三浦市/油壺の太平洋の先端での思い出。昼間はマリンパークであしかショーとイルカを見に水族館へ、なかなかサメから魚も種類が豊富でこの水族館はカップルにもファミリーにも楽しめ、なんといっても外のマリンパークから見渡、す太平洋の青い海と空と富士山は[心に残る思い出のロケーション]だ。
食事は庭の外にレストランがある、シーフードラーメン、マリンカレーも際立った味で値段もお手頃で中々に美味しいと思ではないか。

油壺のマリンパーク下に下りると海水浴場があり、ここは無料なのです。殆んど小磯なので網とバケツを売店で買って、海の魚、カニをとって遊んだ、もちろん釣りもやって楽しんだ。釣りの次は
海で泳ぐ準備をした、水中メガネ、スノーゲル足ひれも装着、いざ海中へ遠浅の海から直ぐ足が届かなくなる深い海だ。海で見た物は、デカイえい、海中を這うタコも、これは珍しい、タツのおとしごも、黒鯛など感動の水中世界です。そこは潮が引くと小さな島が顔を出します。いいね、海が好き全部すべて青の世界。

夜になると、この三浦の海は離れたとこで花火大会が行われる、タイミングが合えばこの海で花火を見れる、こんかいもラッキーで90分の花火も小磯で見れて感動の夏だ。
家族3人の思い出(小学3年の男の子が)夜空を見て、星がたくさん、綺麗だねと言いました、今でも忘れられない「夏の思い出」です。