長崎旅行の思い出

夏休みを利用して、大学のゼミの仲間と一緒に長崎旅行に行った時のことです。その日は佐世保市のホテル泊まったのですが、疲れていたこともあり早く寝ようとしたのですが、自分も同じ部屋の友達もなかなか寝付けないので、外に出ることにしました。

ホテルの近くには夜景100選にも選ばれた「弓張岳展望台」があり、そこから、佐世保市内の夜景が一望できます。自分と友達は「弓張岳展望台」で普段はあまりしない就職活動や彼女のことなど、お互いに悩みを打ち明け合いながら、一夜を過ごしました。夜景が綺麗な特殊な場所では、友達同士にでもある壁のようなものを取り払ってくれて、これからも一緒に頑張ろうという気持ちをより高めてくれました。

そして、夜も明けてホテルに戻ろうとした時です。東の空から太陽が昇りだしてきたのでしばらくその場所にとどまり、日の出を仲間と一緒に見ました。小高い場所にある丘なので日の出も美しくて、なんか良いものを見た幸福感でいっぱいの余韻を心にとどめてホテルに戻りました。今までで最高の旅行の忘れ難い思い出です。